無題.png無題.png(スマホサイトはPC表示不可) 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

名称未設定-2.gif
資格と実践ノウハウを身に付ける!総合スクール


shijpg1.jpgshijpg1.jpgkenjpg1.jpgkenjpg1.jpgmoujpg1.jpgmoujpg1.jpgFREEダイヤル.gif

HOME > 各種メニュー > 家庭でできるマッサージ


catch.gif

ご家庭でできるドッグマッサージ。マッサージは、コリや疲れをほぐすだけでなく、飼い主さんとの信頼関係も深まる、
とっておきのスキンシップなんです。ここでは誰でも気軽にできる基本的なマッサージの流れをご紹介します。

tit_happy.gif

大好きな飼い主さんのマッサージなら、ワンちゃんは心からリラックスできるはず。
慣れていないコには、5〜10分くらいかけて、ワンちゃんの喜ぶところから始めてみて。

まず、耳にやさしくタッチ。次に前足、後ろ足の順に、ゆっくりやさしく撫でるように触っていきましょう。全身に影響するツボが集中している後ろ足は、とくに丁寧に。あおむけにして、お腹やそけい部を触ります。お腹を見せるのは、飼い主さんを信頼している証拠。ゆったりとした口調で声をかけながら、ワンちゃんの気持ちのいいポイントを探ってみて。シッポは動物にとって、とても敏感な場所。急にひっぱたりせず、つけ根から先端に向って、ゆっくりと触っていきましょう。大人しくしていられたら「いいコね」と褒めてあげるのも◎。

subtit_01.gif
illu_01.gif

ワンちゃんが便秘の時にオススメなのがお腹のマッサージです。飼い主さんは必ず手を温めてから、おへそ(いちばん毛が少なくて白っぽくなっているところ)を中心に時計回りに、手のひら全体で優しく撫でてあげましょう。消化器の働きを高めてくれる2つのツボが刺激されることで、腸の運動を促進する効果が期待できます。ただし、便秘が続く場合はすぐかかりつけの獣医さんに診てもらいましょう。

illu_02.gif※肉球マッサージ
地面と足との摩擦を抑えるために、クッションの役割をしている肉球。デリケートで疲れがたまりやすいところだから、肉球や足指の間を揉みほぐしてあげましょう。ワンちゃんの足指の間に自分の親指を入れて、押したり広げたり刺激してあげると、血行が良くなって元気が出ます。


tit_kamae.gif

1.人の行き来や騒音のない、おだやかな雰囲気の場所で行いましょう。ヒーリング効果のある静かな音楽をかけるのもgood。

2.食前・食後、お散歩の時間は避けましょう。

3.飼い主さんは指の爪を短く切り、アクセサリーや強すぎる香水はつけないようにしましょう。

4.マッサージは強制しないこと。寝ている時は無理に起こさないようにしましょう。

5.ワンちゃんが喜ぶところから少しずつマッサージをしましょう。

6.急ぎすぎたり、力を入れ過ぎたりしないように注意しながらマッサージを行いましょう。

7.病気の治療中や、骨や関節をケガしている時、熱がある時は、獣医さんに相談してからマッサージを行いましょう。

ページの先頭へ